世界一周に英語は必要か?

ほとんどの人は普段英語とは無縁の生活をしているとおもいます。
「日常会話程度の英語も話せない自分が海外に行って大丈夫だろうか?」

ひょっとして、あなたはこんな不安を抱えているのではないでしょうか。
今回は、僕の経験を踏まえて、世界一周旅行者は英語を話せるべきか否かについて独自の見解を述べていきたいと思います。

英語について不安のあるかたは、是非参考にしてください。

英語が話せなくても平気ってほんと?

世界一周旅行者のブログでは英語が話せなくても平気というようなことを言っている人が多くいます。
実際、英語が全く話せなくても旅を楽しんでいる人はたくさんいます。

僕もそうでしたが、英語を話せない人は、不思議なことに日本人の旅人とよく出会うんです。
そして、助け合いながら旅をしています。
僕が初めて海外旅行をした時も、英語が全く話せませんでしたが現地で素敵な日本人の方と出会い助けてもらいました。

一方で、ツアーグループが一緒の外国人と話せない、自分の気持ちを伝えられない等、もどかしさも何度も経験しました。

僕はその時初めて、ちゃんと英語が話せるようになりたいと思うようになりました。

僕の経験上英語が話せたほうが、現地の人とのコミュニケーションが増えたり、グループで話してる時に会話に入れたり、当たり前ですが旅行中の楽しみは増えます。

なので、現地の人との交流も含めて旅をしたいという方であれば英語は絶対に勉強しといたほうがいいです。
ネイティブのように喋る必要はありません。身振り手振りを加えて自分の思い、考えが伝えられるくらいで十分だとおもいます。

一方、別に現地の人との交流はどうでもよく、自分が行きたいところへ行き、見たいものをみるので満足であれば、電子辞書片手に旅をすれば良いと思います。
問題なく旅することはできます。

 

一番いい英語の学習方法は?

僕は英語をネイティブレベルで話せるわけではありませんが、買い物をしたり、友人と話しをするくらいの日常会話はできます。
しかし、初めからそんな風に英語をしゃべれたわけではありません。
多くの方と同じように、英語のしゃべれない大学生でした。

そんな僕がどのように英語を学習していったか紹介したと思います。

 

一番いいのは英語圏への語学留学

あなたに時間と資金があれば一番いいのは英語圏の国に語学留学することです。
実際僕が日常会話ができるレベルまで英語を上達させたのは1ヶ月の語学留学でした。

一般的に語学留学をした時、初めの一ヶ月で耳が慣れ、2ヶ月目で会話を聞き取れるようになり、3ヶ月目である程度の会話ができるようになるといいます。

僕は1ヶ月の語学留学で必ずある程度の成長をすることを決意していたので、
日本人学生とはつるまず(喋ったとしても英語で喋る)、毎日授業後は友人と遊びに行き、なるべく英語を話すきっかけを多く作ろうと努力していました。

始めの2週間くらいは宿題の内容すらわからなかったけれど、後半の2週間はなんとか日常会話くらいならできるようになりました。

 

お金がかけられない人必見 0円留学とは!?

留学が一番いいというのはわかっているが、留学するためのお金がないというかたも多いかと思います。
アメリカに1ヶ月語学留学をしようと思えば航空券、生活費、滞在費を含めると安くても30万円近くかかってしまいます。

一方、現在幾つかの東南アジアの国々では英語を教えることを国策にして、積極的に外国人留学生を誘致している国があります。その代表国がフィリピンです。

そんな国への留学の一番のメリットは何と言っても留学費の安さです。
東南アジアへの留学費用はアメリカの留学の約半分の15万円くらいですみます。
そして、そんなフィリピン留学でも他を圧倒させる格安留学を提供している会社がAHGS English Academyです。
0円留学を可能にした会社で、僕の友人も実際このプログラムに参加しました。

留学したいけど、金銭面の余裕がない人、または世界一周のために費用を残しておきたい人は是非チェックしてみてください。

 

日本での学習ならスカイプ英会話

最近は、スカイプでの低価格英会話が流行っているので、留学できない人はこちらを利用するのもいいかもしれません。
DMM英会話は1レッスン(25分) 160円〜という激安プランを提供しているので、手軽に英語に触れたいという方はいいかもしれません。

ただし、僕は1ヶ月間毎日5時間英語の授業を受けて、それでやっとで日常会話が話せる程度に上達したので、25分の授業だと日常会話が話せるレベルになるには相当時間がかかるかもしれません。

 

動画で学習

こちらは英語初心者の方には難しいかもしれませんが、動画を見て生の英語に慣れるというのも英語上達の手段の一つです。

ポイントは内容のわかっている映画を英語字幕で見るということです。
そうすることで、耳で英語が聞き取れなくても字幕で文法をチェックできます。

また、映画のほかにもTEDや、アメリカの有名大学の授業動画を見れるiTunes Uなどを活用するのも良いかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか。

旅をするのに英語は必須ではありませんが、あなたがより現地の人とのコミュニケーションを楽しみたいと思えば英語を勉強するに越したことはないでしょう。

多くの著名人が21世紀を生き抜くために、英語プログラミングを勉強するべきだと言っています。
英語の活用どころは今後ますます多くなっていきます。
是非この機会に、英語を少なくとも日常会話ができるくらいにまで上達してはいかがでしょうか。

それでは、良い旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です