GoProに最低限必要なおすすめアクセリーを紹介!初心者はこれだけ揃えとけ!

GoProをこれから買うあなたも、買ったばかりのあなたも。
GoProを使いこなすには本体の他に「マウント」と呼ばれるアクセサリーを持っておく必要があります!

  • GoPro以外にも買うものあるの!?
  • まだ金かかるの!?

と思っているそこのあなた!

安心してください。

この記事では僕が実際に購入したアクセサリー(マウント)の中から、GoProをこれから使い始める初心者に向けて最低限揃えておけばOKなアクセサリーを紹介します。

無駄に余計なものを買う必要はありませんよ。

なぜアクセサリー/マウントが必要なのか?

ここはさらっとだけ解説しますね。

GoProはスマホやデジカメみたいに、本体のシャッターを押して写真を撮る、という使い方は実はあまりしません。

それよりも、自撮り棒にGoProをつけて動画を撮ったり、自撮りしたり、そんな使い方が一般的です。

GoPrのアクセサリーは実は種類がたくさんあって、これらを使い分けることで普通のスマホやカメラでは撮影できない映える写真が撮れるんです!

さて、それではアクセサリーの紹介に入りましょう。

GoProアクセサリー①:ベルボンの自撮り棒

まず必ず用意すべきなのは自撮り棒です。
Goproの自撮り棒は2つのタイプに分かれます。

1つはGoPro公式アクセサリーでも出ている3-Wayと呼ばれる自撮り棒。

参照:GoPro公式サイト

これは2つの関節があり、自撮り棒のように伸ばすことも折りたたむことが可能です。

GoProはとても広角なカメラのため自撮りをするときに自撮り棒が写ってしまうことがあるんですが、関節タイプの自撮り棒は角度をうまく調整すれば自撮り棒を写さずに写真が撮れます。

ただし、この自撮り棒は実はものすごく使うのが面倒です。
一度2箇所あるネジを緩め自撮り棒を伸ばしてからもう一度ネジを締めなければなりません。

家電屋さんで試しに使ってみましたけど、ズボラな僕には無理でしたねこれは。

一方、僕がおすすめするのはベルボンというブラントから発売されている自撮り棒です。

参照:ベルボン公式サイト

棒をひねるとロックがはずれて自撮り棒を伸縮させることができます。
これがすごくストレスフリーで使い勝手がいいんです。

わかりづらいですがこんな感じです。

家電量販店でいくつか比較しましたが、これが一番使いやすかったです。

GoProアクセサリー②:ゴリラポッド

どんな場所でも三脚として使えるゴリラポッド。
デコボコした地面でも、手すりでも、金属の壁でもこのゴリラポッドでGoProを固定させられます。

普通の三脚よりゴリラポッドの方が圧倒的に活用シーンが増えるのでおすすめです。

タイムラプス動画や夜景のように暗い場所で写真を撮ろうと思っている人は持っておいて損はないでしょう。

GoProアクセサリー③:予備バッテリー

GoProの唯一の欠点はバッテリーが短いこと。
スマホに慣れている人からするとこんなに充電の減り早いの!?と感じるでしょう。

GoProの予備バッテリーは実は結構安いです。3000円。

旅行で1日外にいる日は確実にバッテリー切れになりますので予備バッテリーは持っておいた方がいいです。

中級者向け:シーン別おすすめアクセサリー

さて、これからGoProを買おうと思っている方、GoProを買ったばかりの方はまず上で紹介した3つのアクセサリーがあれば十分です。

この章では、普段使いに+αした写真が撮りたい場合に必要なアクセサリーを紹介します。

GoProを使いこなしたいと考えてる方は参考にしてください。

GoProアクセサリー④:GoProらしさ全開!目線写真(POV)を撮りたい人におすすめのバイトマウント

あなたはインスタグラムなどでこんな写真・動画をみたことはないですか?

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿

Chris Rogersさん(@chrisrogers)がシェアした投稿

手や足が写真に写っていて、まるで撮影者の目線になったような錯覚を覚えますよね。

これはGoProの一つの魅力であるPOV(Point Of View)という撮影方法でとった写真で、日本語にすると主観撮影といいます。

自分の体が入ることで普通の写真とはちょっと違った魅力的な写真を撮ることができます。

このPOV撮影をするには以下3つのアクセサリーのどれかが必要になります。

  • バイトマウント
  • ヘッドストラップ
  • チェストマウント

このうちどれを使ってもいいんですけど、ヘッドストラップとチェストマウントは想像してもらうとわかると思いますが、超ガチな感じになります。

街中でつけるにはちょっと恥ずかしい。。。

なので、僕はバイトマウントを使っています。
バイトマウントは加えるだけでいいので、POV撮影がしたいときにパッと咥えて撮影し、撮り終わったらカメラをはずせばOKです。

GoPro バイトマウント(HERO6 Black、HERO5 Black) ASLBM-001

GoPro バイトマウント(HERO6 Black、HERO5 Black) ASLBM-001

3,196円(08/20 20:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

GoProアクセサリー⑤:海でGoProを使うときに必要なフロートグリップ

海でGoProを使うときは専用のアクセサリを使います。
普通の自撮り棒だと海に落としたときに沈んでしまうので、海に落ちても浮くフロートグリップを使います。

価格も1000円ちょっとなので、海でGoProを使いたいと思っている人は事前に買ってしまいましょう。

GoProアクセサリー⑥:南国の海で一味違うおしゃれな写真を撮ろう!ドームポート

Chris Rogersさん(@chrisrogers)がシェアした投稿

Chris Rogersさん(@chrisrogers)がシェアした投稿

↑これすごくないですか!?
ドームポートというアクセサリを使うと海水と地上を半々にした写真が撮れるんです。

普通のカメラでは絶対撮影できない写真が撮れるので、リゾートビーチへ旅行する方なんかはチャレンジしてみては?

ちなみに、ドームポートはめちゃくちゃかさばります!
僕もこないだセブ島へ行ったときにドームポートを持って行ったのですが、めちゃくちゃかさばって邪魔になるので、持って行く方はちょっと気合が必要かもしれません。笑

TELESIN

TELESIN

3,999円(08/20 20:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

以上、GoProを買ったばかりの人が最低限揃えておいた方が良いアクセサリー3選と、より素敵な写真を撮るために持っておくとよいアクセサリーを紹介しました。

今回紹介したものはすべて僕が実際に使っているアクセサリーですので、自信をもっておすすめします。

▽以下おすすめ商品リンク▽

GoPro バイトマウント(HERO6 Black、HERO5 Black) ASLBM-001

GoPro バイトマウント(HERO6 Black、HERO5 Black) ASLBM-001

3,196円(08/20 20:38時点)
Amazonの情報を掲載しています
TELESIN

TELESIN

3,999円(08/20 20:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

GoProを使ったインスタ映えする写真の取り方をこちらの記事で解説しています。よければ見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です