GoProでおしゃれな写真を撮ろう!撮り方・写真加工のコツを解説

GoProを買ってまずやりたいことはなんだ!?

  • きれいな写真を撮る?
  • アクション動画を撮る?

それもいい。

けど、ミーハーな僕はそれだけじゃない。

僕がやりたいのは、

インスタ映えする写真・動画を撮って、たくさんいいね!もらって自己承認欲求を満たす
ことだっ!!

↑賛同してくれる人求ム。

ということで、今回はGoProを使ってインスタ映えする写真を撮る方法を研究した結果をまとめてみようと思う。

僕と同じようにミーハーないい写真を撮りたいという研究熱心な人の参考になれば嬉しい。

GoProを使ったインスタ映えする写真集

まずは実際に僕が撮った写真とインスタ映えしているなと思う写真を見てほしい。

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿

どうだろうか。

映えてるねーどれも!

では、こんな写真を自分でとるにはどうすればいいのか。

それをこれから一緒に考えていこう。

 

GoProでスマホとは一味違う写真を撮るテクニック

GoProの公式アカウントの写真を見ていると、インスタ映えする写真には共通点がある。

その共通点を5つのポイントに言語化してみたので見てほしい。

「風景」だけでなく、楽しんでいる「自分」を入れる!

まず、GoProのいいとろこは広角な写真・動画が撮れるところ。

自撮りをしても後ろの背景までバッチリ写る。

絶景をバックに自撮りして、楽しんでいる自分を写せば、ただ風景を撮るより楽しそうな写真に!

 

 

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿

後ろ姿でおしゃれ感を演出

さらにただカメラ目線で写真をとるのではなく、あえて後ろ向きに撮るという方法もある。

これはGoPro公式アカウントでよく投稿されるタイプの写真だ。

 

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

後ろ向きに写真を撮ることで、なんかわかんないけど雰囲気が出る。(←出てると思っている。)

後ろ向きに写真を撮ることで、あくまで自分は「風景の一部」という構図にし、その場の雰囲気が強調されて表現されているのかもしれない。

簡単に雰囲気ある写真が撮れるので是非試してほしい。

 

体の一部を写真に入れて「目線感」を演出

インスタのGoPro公式アカウントで投稿される写真を見ると、普通のスマホ写真とは違う撮り方をしていることに気づく。

自分の体(手・足)を写真内に入れて写真を撮っているのだ。

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

こうすることで、まるで撮影者と同じ目線を見ているような錯覚になる。

目線に近い視野角の広角カメラだからこそ表現できる映え方。

 

左右対称なところで撮影する

こちらもよくGoPro公式アカウントで投稿される手法。

左右対称の場所で撮影すると美しい写真が撮れる。

 

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

吊り橋・道路・船、左右対称に写真が撮れる場所ならチャレンジしてみても良いかも。

広角撮影で地球の丸み感を演出

GoProの超広角モードで撮影をすると魚眼効果で直線が歪み、地平線が丸みを帯びます。

Ricardo Oliveiraさん(@ricardooliveirabjj)がシェアした投稿

なんか、地球の丸さを表現しているみたいで個人的にとても気に入ってる。

 

GoProを使って写真を撮る方法

ここまでGoProを使ったインスタ映えする写真のコツとサンプルを紹介してきた。

ここからは実際写真を撮る時の操作方法について説明する。

GoProは自撮り棒を使って写真を撮ることが多い。

使い始めの人の中にはどうやってシャッターを押すのかわからないって人もいると思うので参考にしてほしい。

自撮り棒につけたGoProで写真を撮る方法は3つある。

1. 専用スマホアプリ「GoPro」で遠隔操作

GoProには専用のスマホアプリがある。その名も「GoPro」。

まだダウンロードしていない人はこちらからどうぞ。

このアプリでGoProの操作と、撮った写真の一覧を確認できる。
↓以下の動画で解説しているので基本的な使い方は確認してほしい。

アプリを使って遠隔操作で写真を撮る時の注意点は、写真に「スマホ」が写りやすくなることだ。

どうしても、シャッターを押す瞬間は手にスマホを持っていなくてはいけないので、スマホを上手く隠す必要がある。

↑スマホが写ってしまう。

 

2. 動画からベストショットを切り出す

実は僕はこれで写真を撮ることが一番多い。

カメラモードで写真を撮ろうとすると、どうしても「はい、チーズ!」感が出てしまう。

また、先ほどのスマホアプリを使っての撮影も、友達との集合写真なら良いが、自分一人の自撮り写真を撮る時には、スマホが邪魔になる。

そこでどうするかというと、一旦動画で撮影して、後からベストショットを切り抜くという方法だ。

まずは動画で撮影。

その後に、プレビュー画面で対象の動画を選んで、気に入ったコマを画像に切り出す。

実際にやってみたので↓の動画を見てほしい。

 

これで、動画と写真が同時に撮れるし、後からベストカットを選べるので撮影の失敗が少なくなる。

後から編集する手間が発生するが、個人的には一番いい方法だと思っている。

 

3. ボイスコントロール

これは僕はあまり使わないんだけど、便利機能なので紹介しておく。

現在発売されている全てのGoProモデルはボイスコントロール機能が付いている。

指定の命令を出すと、GoProが動画撮影を始めたり、写真を撮ってくれるのだ。

文字では伝わりづらいと思うので以下の動画を見てほしい。

ボイスコントロール機能で使えるコマンドはGoProの画面で確認できる。

なかなかGoProが聞き入れてくれないなどの問題も起こるのだが(汗)、自分のGoProにいろいろ話しかけてみるとよいだろう。笑

まとめ

今回はインスタ映えするGoPro写真のコツと、写真の撮り方を紹介した。

今回の他に、GoProで撮った写真をちょっと写真加工するとカッコ良さが増す写真編集法なども別記事で紹介しようと思うのでお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です