【初心者向け】スカイスキャナーの使い方。航空券を安く買うコツと注意点を紹介

航空券を安く買うときの必須サイト「スカイスキャナー」。

旅好きの人にはおなじみですが、意外と一般の方にはスカイスキャナーの存在が知られていません。そして使い方も。

今回はスカイスキャナーを使ってや安く航空券を買う方法を具体例と合わせて紹介していきます。
海外旅行を検討されている方は是非参考にしてください。

※アプリの使い方は別記事で紹介します。

あなたのシチュエーションにあったスカイスキャナーの使い方
スカイスキャナーは大きく3つの使い道があります。

  • 指定スケジュール・国の最安航空券を調べる
  • 航空券が安くなるスケジュールを調べる
  • 指定スケジュールで各国への最安航空券を調べる

それぞれのシチュエーションごとにスカイスキャナーの使い方を紹介しますので、あなたの今の状況にあった使い方をチェックしてください。

  • 目的地、スケジュールが決まっている→最安値の航空券を知りたい
  • 目的地が決まっているがスケジュール未定→航空券が安くなるスケジュールをチェックしたい
  • スケジュールは決まっているが目的地が未定→予算内で行ける国をチェックしたい

目的地、スケジュールが決まっている→最安値の航空券を知りたい

目的地、スケジュールが決まっているときの手順をご紹介します。
スカイスキャナーの公式サイトはこちら




↑まず、サービスサイトのトップで出発地、目的地、出発日、現地出発日を入力します。
今回はシルバーウィークにニューヨークへ行くことを想定してみました。

スカイスキャナーの使い方2_特定の空港を選択する
↑同地区に複数空港がある場合は空港を指定することも可能ですが、こだわりがなければ「(指定なし)」を選択すればOKです。

スカイスキャナーの使い方3_国名検索も可能
↑国は決まっているけど都市まで決まっていないという場合は国名を入力すれば全都市を対象に格安航空券が検索されます。

↑検索してはじめに出てくるのがスカイスキャナーなおすすめする最適プランが表示されます。


↑その他に最安プラン、最短プランも選択できるので細かく見たい方はこちらをチェックしてみてもいいでしょう。


↑絞り込みをクリックすると乗り継ぎの有無、出発時間、航空会社を選択できるので希望があればここで絞り込みます。

目的地が決まっているがスケジュール未定→航空券が安くなるスケジュールをチェックしたい

行きたい国・都市が決まっていてスケジュールが未定の場合は出発日別の航空券代をチェックできます。


↑出発日をクリックし、画面上部のタブを「月全体」にし、希望の月を選択します。


↑そうすると、選択月の一日ごとの航空券代が表示されます。
航空券は出発日が一日違えば数千円金額が変わるので、航空券代が安くなる日に合わせて休みを調整できれば往復1万円以上の節約ができるかもしれません。


↑希望月がなく一番安く行ける日に行きたい!ということであれば、出発日で「月全体」のタブを選択した状態で「一番安い月を検索する」をクリックすると、一年で一番安くなる月が表示されます。

時間の調整がつけやすい方はこちらも使ってみてもいいかもしれませんね。

スケジュールは決まっているが目的地が未定→予算内で行ける国をチェックしたい

逆に、旅行できる日程が先に決まっていて、旅行先が決まっていない場合は出発日を入力し、目的地を空欄(すべての場所)の状態で検索をします。


↑「全ての場所」で検索を行うと指定日の各国へのフライト最安値が一覧で表示されます。
シルバーウィークがある9月で検索してみました。


↑自分の予算に合わせて気になる国をクリックすると、都市別の航空券最安値が表示されるので行きたい都市をクリックします。

安く航空券を買うための2つのポイント

誰だってなるべく安く海外に行きたいですよね。
この章では航空券代を少しでも安くするために航空券を買うときの2つのコツを紹介します。

航空会社の公式サイトをチェックする

スカイスキャナーでどの航空会社の航空券が安いかを確認したら、一度その航空会社の公式サイトで同じ日程の航空券代をチェックすることをおすすめします。

スカイスキャナー12_公式サイトが安いことがある

↑9月15日〜9月23日で東京⇄バンコク(タイ)の価格を見てみます。同じ便ですが、スカイスキャナーより公式サイトで購入したほうが航空券が安くなっています。

スカイスキャナーを使ったあとは、一度どこの航空会社の航空券かをチェックし公式サイトでも全く同じ日程で航空券の値段をチェックしましょう。

それだけで数千円安く航空券を購入できるかもしれませんよ。

前後の日にちの値段を確認する

スケジュールがある程度調整できるなら最初から日程をこれだっ!と決めつけるのはもったいないです。

出発日・帰国日が一日ズレるだけで価格がかなり安くなったりしますので、必ず前後の航空券代もチェックしましょう。

↑9月15日発のバンコク行きは1万8500円ですが、9月16日発の航空券は1万3500円。5000円安くなります。

少しでも安く済ませたい人は必ず前後の日程も確認しましょう。

航空券を自分で買うときの注意点

初めて自分で航空券を買う人は購入する前に必ず以下2点を確認しましょう。

乗り継ぎ時間に注意

乗り継ぎの発生している航空券を購入する場合は必ず乗り継ぎ時間をチェックしましょう。

安い!だけで航空券を買って、実は乗り継ぎ時間が8時間だった!なんてことがあっては現地を楽しむ時間がなくなってしまいます。

↑インドまでの最安値は4万3000円ですが、移動時間33時間…

こういう場合は「絞り込み」で移動時間を適当な長さにして再検索します。

↑航空券代は高くなりますが移動時間はだいぶ短くなります。

現地到着時間と1泊目の宿泊先の確保を

航空券によっては現地の到着時間が深夜2時になるものもあります。

深夜に到着する場合は空港内で夜が明けるまで待つか、ホテルを事前に予約しピックアップしてもらいましょう。

事前に宿情報を何も調べずに行くと現地の人に割高のツアー会社やホテルに連れて行かれてしまうので一に目の宿は日本で予約してしまうのが安心です。

↓ホテル探しはトリバゴ、Expediaがおすすめです。



 

まとめ

意外と知られていないスカイスキャナー。旅慣れてくるとスカイスキャナーは必須のサービスになりますよ。

※スカイスキャナーにはクレジットカードが必要になります。海外旅行保険の代わりにもなるおすすめクレジットカードの紹介はこちらの記事で解説しています。

学生海外旅行におすすめなクレジットカードはどれ!?お得な旅行術と合わせて紹介

2018.03.04

ツアー旅行もいいですが、目的地選びからホテル選びまで全て自分の思いのまま旅できる個人旅行は楽しいですよ。

是非この機会に個人旅行の楽しみを味わってください。

 

それでは、良い旅を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です