【2019年2月】ソラチカカードをポイントサイトで最大7500円で発行するまで

今日は陸マイラーとして必須のクレジットカード ソラチカカードを発行する。

これから陸マイラーになろうとされてる方
ポイントサイトを活用したマイル獲得方法がまだよくわからない方
はこちらの記事で入門時の不明点を解説しているので見てほしい。

【手順解説】これから陸マイラーになるために必要な情報をわかりやすく解説

2019.02.13

ソラチカカード発行は当たり前だがポイントサイト経由で

陸マイラーとしてソラチカカードを作る目的はANAマイルをためるため。
そのため、ソラチカカードの発行も当然ながらポイントサイト経由で申し込み、ポイントを貯めよう。

2019年2月時点で調査をしたところ、最大7500円分のポイント獲得ができることがわかっている。ポイントサイトで申し込まない手はない。

どのポイントサイトがお得か?ポイントサイト比較の手順

それでは、実際僕がソラチカカードを申し込むまでの手順を公開してい。
なるべくお得にソラチカカードを作るには?という観点で調査しているので、あなたがこれから申し込む際にもこの手順は役に立つはずだ。

主要ポイントサイトへの登録

僕が使っているポイントサイトは4つ。ハピタス、ちょびリッチ、モッピー、Life media。
一つのポイントサイトをずっと使う訳ではなく、案件によってポイントがたくさん付与されるサイトがあるので、全てに無料登録している。

どこ得?でサイトごとのポイント額を確認

まずはどこ得?というサイトで各ポイントサイトごとのポイント数を確認する。
このサイトはとても便利でこれからポイントためる時は必ず使うことになると思うのでお気に入り登録しておくと良いだろう。

検索欄に「ソラチカカード」と入力。

すると、各ポイントサイトが付与しているポイント数が表示される。

一覧を見ると大手ハピタスが3500円、すぐたまが7500円。
必ずしも大手ポイントサイトで申し込むのがお得ではないことがわかる。

実際に確認しても、どこ得?の通りのポイントになっていた。

各ポイントサイトのLINEポイントへの還元率を確認

現金価値はすぐに確認できるが、これだけで判断してもいけない。
今回は現金化ではなく、ANAマイルへの交換が最終目的なので、マイルへの交換レートを加味する必要がある。

ちなみに、ANAマイルへのポイント交換はソラチカルートを簡易化した
ポイントサイト⇨PeX⇨LINEポイント⇨メトロポイント⇨ANAマイル
の経路で交換するつもりでいる。

ポイントサイトから直接ANAマイルへ交換できるものもあるが、その場合交換レートが50%になるので、LINEポイント・メトロポイントを経由してANAマイルに変換した方がお得になる。

各ポイントサイトからのLINEポイントへの交換レートをまとめるとこんな感じになる。

ポイントサイトメモPeXLINEポイント
ハピタスLINEポイントへ直接交換不可。PeX経由100%90.9%
ちょびリッチLINEポイントへ直接交換不可。PeX経由100%90.9%
Life mediaLINEポイントへ直接交換不可。PeX経由100%90.9%
すぐたまPeXへのポイント交換不可。LINEポイントへ直接交換。57.1%
モッピーPeX、LINEポイントどちらへのポイント交換も可能。100%

これにソラチカカード発行のポイントを照らし合わせるとこんな感じになる。

ポイントサイト獲得ポイント(現金価値)PeX

ポイント

LINE

ポイント

ハピタス3500pt(3500円)350003180
ちょびリッチ14000pt(7000円)700006363
Life media7200pt(7200円)720006545
すぐたま15000pt(7500円)4286
モッピー5200pt(5200円)5200

 

【結論】僕が交換したのはLife media7200ポイント

表を見ればわかるが2019年2月時点ではLife mediaが獲得ポイント7200でソラチカード発行のポイントで最も高かったのでそちらでカード発行を申し込んだ。

1ヶ月後くらいにポイントが加算されるのを待つ。

 

▽陸マイラーデビューの方へ

【手順解説】これから陸マイラーになるために必要な情報をわかりやすく解説

2019.02.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です