韓国旅行が安くなる時期は!?【2018年6月調査】安く行く方法を徹底調査

なるべく安く海外旅行したい!

誰だってそう思いますよね。

今回は韓国旅行が最も安くなる時期を調査した結果をお届けします。

韓国旅行を計画されている方は参考にしてください。

 

2018年6月調査。最も韓国旅行が安くなるのは10月

航空券比較サイトで月ごとの往復航空券代の平均価格を調べたところ、10月が往復の平均価格が安いことがわかりました。

航空券代 平均価格
7月 23000
8月 24500
9月 20900
10月 17600
11月 23600
12月 26800

旅行時期がある程度自由が効くなら、10月で旅行スケジュールを組んでも良いかもしれません。

 

個人手配とツアーではどちらが安い?

航空券とホテルを個人手配するのと、パッケージツアーどっちが得か!?

↑これ結構悩みますよね。

ということで、今回僕が個人手配とパッケージツアーどちらが安いかを徹底的に比較してみました。

調査日:2018年6月10日
旅行日程:2018年9月15〜17日(3連休)

 

①個人手配:格安航空券+ホテル

まず、スカイスキャナーを使ってざっくり航空券代の目安をつけます。

おおよその金額を把握しておく。↑では最安値20,890~

9月15日発、17日帰りの航空券は
最安値20,890円みたいですね。

フライト情報をチェックすると、最安値の航空券は
往路: 20:05発
復路: 6:55発

つまり、実質観光できるのは16日の1日というスケジュール。苦笑

これではせっかくの韓国旅行が満喫できないので飛行機の出発時間を調整。

絞り込み検索で、出発時間は早めに。
帰りの時間は遅めに設定。

すると、
往路: 12:00発
復路: 15:10発
のちょうど良さそうな便を発見!

価格は3万9709円とちょっと値上がりしますが、まあ許容範囲。

 

続いてホテル探し。

ホテル探しにはホテル比較サイトのトリバゴを使っています。
WEBサイトの操作性が抜群。



「ソウル」で検索。
いろいろホテルが出てきます。

 

高級ホテルには泊まれないので条件を絞り込み。

 

1泊6000円前後のホテルがありそうです。

2泊で1万2000円
一人当たり6000円ですね。

つまり、

  • 航空券代3万9700円
  • ホテル代6000円

合計4万5700円

この金額をツアーと比較してみましょう。

 

②パッケージツアー

パッケージツアーを調べるのに使いやすいのはエアトリ(旧DeNAトラベル)です。

 

日程を入力すると早速よさそうなプランが。

 

やはりツアーが安いのか!?と思いましたがよく見ると出発時間が遅く帰りが早いやつでした。

 

滞在時間が長いものを探したところ、4万9000円で良さそうなプランがありました。

結論:どっちもあまり変わらなかった汗

個人手配とツアーの料金を比較したところ

個人手配:4万5700円
ツアー :4万9000円

でほぼ料金に違いはありませんでした。汗

 

なので、
自分で航空券やホテルを手配するのが面倒と感じるか、楽しいと感じるか
ここが分かれ道なんじゃないかなと。笑

 

ただし、日程が異なれば料金に違いが出る可能性は大いにあります。

例えば、出発日を1日早めた場合、
航空券代に2万6820円に対して、
ツアー代が2万7600円。

確実にツアーのほうが安くなります。

↑航空券代だけで2万6820円するのに対し、ツアー代が2万7600円。ツアーのほうが安い。

 

なので、韓国旅行を安くするためには
個人手配・ツアーどちらも調査する
ことがポイントですね。

 

料金を調べるのに便利なサイトを紹介しますのでよかったら活用してください。

航空券→航空券徹底比較『スカイスキャナー』

ホテル→国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

海外旅行ツアー→エアトリ(旧DeNAトラベル)

さらに韓国旅行を安くする2つの方法

続いて、さらに韓国旅行費用を安くするための2つのポイントをご紹介します。

 

海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険で代用

海外旅行をする時は海外旅行保険をつけます。

だいたい1日1000円くらいの費用感ですが、短期の海外旅行ならクレジットカードに付帯している保険で十分です。

保険付きのクレジットカードをお持ちでない方は
三井住友VISAカード、楽天カード
を作っちゃうのがいいですよ。

どちらも無料なので。

 

詳しくは「海外旅行に保険は必要ない!? 30カ国以上旅した筆者が考える海外旅行保険の必要性」で解説しています。

 

韓国旅行の両替は韓国で行う

韓国ウォンの両替は現地で行いましょう。

日本で両替するとかなり損を食らう羽目になります。

 

どれくらい損するのかというと、、、

1万円の両替で約1500円
3万円の両替で約4500円損します。

小さな額じゃないですよね。。。

 

↓以下詳細です。

日本で韓国ウォンの両替を行っている三菱東京UFJ銀行と韓国銀行の両替レートを比較してみます。

記事執筆時の三菱東京UFJ銀行のレート

100ウォン = 11.78円
→1万円 = 8万4890ウォン

 

韓国銀行(Industrial Bank of Korea)のレート
100円 = 1002ウォン
→1万円 = 10万200ウォン

 

差分
10万200ー8万4890
=1万5310ウォン ≒ 1500円

仮に日本で3万円分を両替すると4500円損することになります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
韓国旅行を安くするための方法をまとめるとこんな感じです。

  • 韓国旅行が安い(航空券が安い)のは10月。
  • ツアーと個人手配でどっちが安いかは日程によるので、できれば両方調査。
  • 海外旅行保険はクレジットカードで代用。
  • 両替は韓国。

 

韓国旅行を企画されている方の参考になれば嬉しいです。

 

それでは、良い旅を!!

 

以下オススメ情報まとめます。

 

航空券→航空券徹底比較『スカイスキャナー』

ホテル→トリバゴ

会ギア旅行ツアー→エアトリ(旧DeNAトラベル)

保険付きクレジットカード→三井住友VISAカード、楽天カード

<広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です