海外旅行費を最大3万円安くする方法があったからこっそり教える

時間のある大学生中に海外旅行に行きたい!
人生で一度も海外に行ったことがない。だからこそ大学生になった今海外を経験したい!
日本を飛び出し、世界を自分の目で見て見たい!

けどお金が。。。

これが海外旅行に行きたいと思う学生のリアルな悩みじゃないだろうか。

 

授業やサークル活動をこなしながらバイトしてお金を貯めるのはそう容易いことではない。
特にコマ数が多い学科にいる人や、サークルで土日も予定が埋まる人なんかは海外旅行に行きたいと思っても十分なお金を貯められずにいるはず。

僕が在籍していた学部は学校でトップ3に入る授業数の多さ。そして、そこそこ活動量の多いサークルに入っていたおかげで、睡眠時間を削って深夜バイトで働かない限り月8万円も稼げなかった。

僕は大学生時代の長期休みの多くを海外旅行に当てていたけど、恥ずかしい話お金が足らずに親に借金して行くことも少なくなかった。。

 

あなたがもし同じような状況にいるならこの記事はきっと役に立つと思う。

この記事は「誰でも」とは言わないが多くの大学生なら当てはまり、最大3万円の旅行費を節約する方法を紹介しているからだ。

はじめに言っておくけど、人を騙したり誰かが損をする話じゃないから安心してね。笑

ただお得なサービスサイトを使うだけです。
その方法、手順をこれから解説していきます。

 

海外旅行費を安くする方法はポイントサイトでクレジットカードを申し込むだけ。

海外旅行をする人のほとんどはクレジットカードが必要になるはずです。航空券、ホテル予約、現地ツアー、ほとんどのサービスはクレジットカードが必要になります。

そして僕が紹介する海外旅行費の節約方法は、そのクレジットカードをハピタスというポイントサイトで申し込むだけでできちゃいます。

冒頭で誰でも節約できるわけではないと言ったのは、これから紹介するクレジットカードをすでに持っている人にはこの節約方法が使えないからです。

でもあなたが持っていなければ、あなたはラッキー。
どうせ必要になるクレジットカードを申し込むだけで節約できてしまうんだから。

ポイントサイト ハピタスとは?怪しいサービスなのか?

ハピタスはポイントサイトと呼ばれるサービスです。
このサイトを介して商品を購入する、サービスを申し込むとポイントがもらえ、1ポイント=1円に換金できます。

なぜ商品・サービスを申し込むとポイントがもらえるのかというと、広告を出している会社がハピタスに広告費を支払い、その一部を消費者の僕らに還元してくれているからです。

ハピタスは成果報酬という形で、誰かが申し込んでくれた時だけクレジットカード会社からお金をもらう。

クレジットカード会社も、誰も申し込んでいなくても広告費がかかるCMや電車広告と違って、申し込んでくれた時だけお金を払うので損することがない。

ハピタスはなるべくたくさんのお客さんに申し込んでもらったほうがお金をもらえるので、

クレジットカード会社からもらうお金の一部を申し込みしてくれた人にあげるから、どうせ申し込むならうちで申し込んで!

となるわけです。

その恩恵を僕たちはいただいてるんですね。

補足:大学生がクレジットカード複数枚持ってて平気なの?という問いについて

正直これは完全な私見なんだけど、「何も問題ないんじゃない?」というのが見解です。

僕は大学生時代、エポスカードと楽天カードの2枚を使っていて何も問題なかったですし、普通に作れましたし。

クレジットカード持ってるとお金たくさん使っちゃうよ!って人は、クレジットカード以前に自分に問題があるので。汗
どうしても心配なら、申し込んだ後どこかへしまうなり、ハサミで切断するなりすれば良いことです。

 

ハピタスで申し込む手順

ここから実際の申し込み手順を解説します。
※もしスマホでこの記事を見ているなら、ここからはPCのほうが見やすいかもです。

まずこちらからハピタスの登録を行います。

 始めます。

必要項目記入。

記入を続ける。

登録したアドレスに仮登録メールが届くのでURLクリック。

登録した電話番号にショートメールが届くので認証コードを記入。

完了

そうしたら、トップページの検索窓で「クレジットカード」を検索し、表示順を「人気順」に変更。

おそらく上位に表示されていると思うけど、以下4枚のクレジットカードは申し込んで全く問題ない。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • ファミマTカード
  • Yahoo! JAPANカード

各クレジットカードは発行費無料・永年年間費無料なので、お金は一切かからない。

楽天カード・エポスカードはもはや僕は普段から普通に使っているクレジットカードなので作っておいて一切不都合ない。

この記事を書いているのが2018年9月なので、あなたが申し込む時のポイントを確認して欲しいが、現時点ではこの4枚に申し込めば2万1500円がもらえる。

 

さらに、もう少しポイントが欲しいという人はこの二つなんかがいいんじゃないかな。

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

このカードは次年度から年間費1000円発生するので注意必要。
1年に一回以上このクレジットカードを使えば無料になるので、そこまで大した話ではないが。

もう一つは検索窓で「デビットカード」と検索した結果から

  • 三菱UFJ-VISAデビット

デビットカードはクレジットカードより簡単に発行できるはず。
これは23歳以下の人は年間費無料。
24歳以上になると年間費1000円かかるので、不要であればその前に退会しておこう。

この二つのポイントを合わせると、

2万1500円+8500円 ⇨3万円

3万円分のポイントもらえちゃいます。クレジットカード作るだけで。。

 

いやほんと、なんでこれ学生時代に知らなかったんだよ、自分。
なんならエポスカード、楽天カードもう持ってるからポイントもらえないわ!

ということで、今紹介したクレジットカードをまだ作ってない人は是非このポイント使ったほうがいいですよ、マジで。

 

往復3万円でどこまでいけるのか?

メインの話からそれるけど、3万円あればどこまでいけるかチェックしてみると、こんな国に行ける。

韓国 ¥8,646から
台湾 ¥9,721から
中国 ¥16,429から
香港 ¥18,624から
タイ ¥20,993から
マカオ ¥21,461から
ベトナム ¥22,370から
フィリピン ¥23,480から
アメリカ ¥23,539から
マレーシア ¥23,952から
シンガポール ¥25,977から
カンボジア ¥26,929から
ミャンマー ¥27,140から
インド ¥29,258から
インドネシア ¥29,941から

時期によってはアメリカのハワイまで往復3万円でいけるわけです。
ポイントがあればハワイまでタダでいけますよ。

ハワイ往復3万円で行く航空券の探し方はこちらの記事を参考にしてください。

2018年9月速報・ハワイ行き往復航空券が3万円で激安すぎてびっくりした件

2018.09.17

 

まとめ

この記事で3万円節約する方法はわかったと思う。
条件さえクリアしていれば誰でももらえるポイントなので、あとはあなたが面倒臭がらずに動くかどうかだけ。

冒頭にも書いたけど、大学生中だからこそできる経験、感じれることがあるはず。
限度はあると思うが、それをお金を理由に諦める選択肢はしないで欲しいと個人的には思う。

3万円握りしめ、ハワイでも東南アジアでもいけばいいんだよ。
何か悩むのはそっからで十分。

ああ、俺も3万円欲しいー。

 

個人的に大学生におすすめする海外旅行先をこちらの記事で解説しているのでよければどうぞ。

大学生の海外一人旅におすすめの5カ国を世界一周経験者が推薦!節約術と合わせて紹介

2017.08.11

 

格安航空券の探し方はこちらの記事で解説しているよ。

【初心者向け】スカイスキャナーの使い方。航空券を安く買うコツと注意点を紹介

2018.03.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です