おすすめ新卒就活エージェント。理想の企業から内定もらうために自分にあったサービスを使え!

  • 就活エージェントはどうやって選べばいいの?
  • おすすめの就活エージェントはどこ?

こんな疑問に答えます。

この記事でわかる事
  • 就活エージェントの選び方
  • おすすめの就活エージェント

満足いくサポートをしてもらえる就活エージェントの見つけ方

まずはいくつかある就活エージェントからどのサービスを利用するのが良いかについて私見たっぷりに解説します。

就活エージェント選びでうまくいくかどうかは3つの要素で決まります。

  1. 就活エージェントの得意業界・会社規模
  2. 自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル
  3. 就活エージェントにとっての「あなた」の重要度

それぞれ解説します。

自分の就活軸によってエージェントを選ぶ

一口に就活エージェントと言っても、エージェントごとに紹介できる企業の業界・規模に得意不得意があります。
大手とのつながりが多い就活エージェントもあれば、ベンチャー企業が得意な就活エージェントもあるわけです。

自分が希望する業界・会社規模があるなら、その業界・会社規模に強い就活エージェントを使ったほうが自分の期待に合う会社を紹介してもらえます。

ツイッターや就活掲示板で自分が望む企業イメージと合わない会社ばかり紹介されるというのは、そのエージェントが抱えている企業(クライアント)にあなたの望む企業がないためにミスマッチが起こっていると考えられます。

各エージェントがどの業界・会社規模を得意とするかは次章で紹介します。

自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル

自分が望む業界・会社規模に強いエージェントに申し込んでも、それだけで良い結果になるとは限りません。

それは、自分の担当のキャリアコンサルタントのレベルが影響するからです。

素晴らしいキャリアアドバイスをしてくれて、今まで考えていなかった業界に興味を持たせてくれて、素晴らしい会社を紹介してくれた
という場合もあれば、
当人の適正や希望よりも「とりあえず内定が決まれば良い」と考えてひたすら本人の意向を無視して会社紹介する担当者もいます。

特に、経験の浅いキャリアコンサルタントが着いた場合は後者の結果になりやすいでしょう。

担当になるキャリアコンサルタントのレベルは運としか言いようがなく、おそらく担当変更を希望しても対応してくれるエージェントは少ないでしょう。

上記の理由で、限られた就活期間をイケてないキャリアコンサルタントのために浪費しないためにも複数の就活エージェントに登録することを僕はおすすめしています。

就活エージェントにとっての「あなた」の重要度

就活エージェントに登録すればキャリアコンサルタントがあなたを内定が取れるまで徹底的にサポートしてくれる。
なんてのはぶっちゃけ幻想です。

就活エージェントのスタッフは何人の学生を内定まで持って行けたか、をミッションにしていて、学生はいわば彼らにとっての商品です。

キャリアコンサルタントは同時に複数の学生の面倒を見ています。
その中にいろんな企業から引く手数多の高学歴で優秀な学生がいれば、キャリアコンサルタントは当然彼らを手厚くサポートします。

逆に経歴・能力的に内定が出ずらいと思われた学生はどんどん塩対応になっていきます。
これが現実です。

つまり、就活エージェントに登録している他の学生があなたより優秀な学生ばかりの場合、あなたは手厚いサポートを受けずらくなるのです。

例えば、キャリアチケットという就活エージェントの実績を見てみると、登録している学生の4割はGMARCH以上の学歴の学生です。

あなたがこの学歴に入っていない場合、このエージェントでは手厚いサポートを受けられなくなる可能性があります。

有名な就活エージェントの方が優秀な学生が登録する数も増えるので競争は厳しくなるでしょう。

一方、最近サービスを開始したようなベンチャー系の就活エージェントの場合、そもそも学生の母数が少ない場合が多いのであなたを「数少ない貴重な商品」として手厚くサポートしてくれるでしょう。

Job Springはそういうサービスの一つで、2014年設立した若い会社で、内定率91.7%というものすごく高い成績を出している就活エージェントです。

もしあなたが自分の学歴に自信を持てていないのであれば、こういうベンチャー系の就活エージェントを利用してみるのがよいでしょう。

採用担当者が勧める就活エージェントの選び方。エージェントは複数同時登録!

ここからは具体的な就活エージェントの選び方を紹介します。

就活エージェントは先述したとおり、

  1. 就活エージェントの得意業界・会社規模
  2. 自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル
  3. 就活エージェントにとっての「あなた」の重要度

の3つで相性が決まります。

どのように3つの要素を比べるかというと、複数のエージェントに同時登録するだけです。

各エージェントがどの業界・会社規模に強いかはある程度わかりますが、ネットに乗ってる情報だけでは正確な情報を完全に把握することはできません。
(本記事を書くために調査しましたが、把握仕切れませんでした。)

また、担当のキャリアコンサルタントがイケてるのかどうかも、何人か比較しないとわかりませんし、就活エージェントでのあなたの重要度もいくつかのエージェントで比較しないと判断ができません。

就活エージェントは無料で利用できるので、一気に複数のエージェントに登録し、自分と相性のよいエージェントに絞って利用するのがもっとも確実な方法です。

かかるのは少しの手間だけですから。

有名就活エージェントの特徴比較

ここまで就活エージェントの選び方について解説しました。
ここからは各就活エージェントについて見ていきましょう。

各就活エージェント実績値

契約企業数 登録学生数 内定者数 内定獲得学生率
マイナビ新卒紹介 2160(推測) 420000 ?
リクナビ就職エージェント 3800 (推測)400000 ? ?
DODA新卒エージェント 4000 80000 1700 2.1%
キャリアチケット 1700 80000 ? ?
就職エージェントneo 1500~2000(推測) 72000 2300 3.2%
Meets Company 2000 100000 5000 5.0%
JobSpring就職エージェント 1000 ? ? 91.7%

まず、各就活エージェントの実績値を見てみましょう。
公表されていない項目もあるので、非公表の数値については「?」表記しています。

マイナビ・リクナビは内定者数が非公表のため、どの程度の学生が内定を取得しているのかは不明です。
ただし、サービス規模が近いDODA新卒エージェントを見てみると、内定を獲得する学生の割合は2%。

実態としては、大手就活エージェントを使っても内定を取れる学生は一部のようです。

逆に、JobSpringのようなベンチャー系就活エージェントは内定率が高いことがわかります。

 

中小企業に強いキャリアチケット

契約企業数 1700
登録学生数 80000
内定者数 ?
内定獲得学生率 ?

登録者8万人に対して、どれほどの内定取得者がいるか公表されていませんのでなんとも言えませんが、キャリアコンサルタントから紹介された会社の選考へ進んだ後の内定率は15.3%と低くない数字。

他の就活エージェントは、サービスに登録した学生に対しておすすめ企業をバンバン送るのに対し、キャリアチケットは学生の要望を確認し特にマッチする5社前後の企業をげんせんして紹介してくれます。

その結果面接へ進んでからの内定率が15.3%と非常に高い数字になっています。

また、キャリアコンサルとは別にESの書き方や面接対策など就活のノウハウを教えてくれるセミナーも定期開催しているので、就活がうまくいかないと迷走している学生にはおすすめの就活エージェントです。

老舗エージェント:就職エージェントneo

契約企業数 1500~2000(推測)
登録学生数 72000
内定者数 2300
内定獲得学生率 3.20%

大手企業の取り扱いが目立つ就職エージェントneo。

毎年7.2万人の学生がこのエージェントを利用し、2300人が内定をもらっています。
エージェント利用者の内定取得者率は3.2%。

運営会社のネオキャリアは2005年から就活エージェントを開始していて、業界の中では最も早い時期に開始したサービス。

東京だけでなく、大阪、名古屋、福岡、仙台、京都の5都市で面談を実施しているので、東京以外の人も利用しやすい就活エージェント。

ただし、ネット上の口コミをみるとネガティブ意見もチラホラ。
手厚いサポートがなかった、対応が遅かったという意見がほとんどですが、登録学生の数にキャリアコンサルタントが追いついていないようです。

登録してみ、どの程度自分をサポートしてくれるかでエージェントの利用を継続するか判断するのがよいでしょう。

 

Meets Company

契約企業数 2000
登録学生数 100000
内定者数 5000
内定獲得学生率 5.00%

他の就活エージェントと比べると内定取得者率が高いMeets Company。
通常の就活エージェントと違って、新卒採用している会社の合同会社説明会に参加できるので、自分の目で会社の良し悪しを選考へ進む前に確認が出来ます。

MeetsCompanyを利用する企業は多くは求人広告を出すだけでは学生を集客できない中小企業が中心です。
そういった会社の人事責任者や社長がイベントに参加することも少なくないので、そういう人たちに気に入られればすぐに内定を取れる可能性もあります。

志望業界がまだ確定していない人は、視野を広げる意味で利用してもよいでしょう。

 

サポートが最も手厚いJobSpring就職エージェント

契約企業数 1000
登録学生数 ?
内定者数 ?
内定獲得学生率 91.70%

相性のいい就活エージェントの見つけ方でも解説した2014年設立の若い就活エージェントです。
人数もまだそこまで多くなく、就活エージェントとしてはまだマイナーです。

逆に、今この就活エージェントに登録すれば、この会社にとってのあなたの存在価値は他の就活エージェントより高くなるためどこよりも手厚い就活サポートを受けられるでしょう。

ちなみにこの会社のサポートを受けて面接まで進んだ学生の内定取得率は91.7%とものすごい数字になっています。
もちろん、他のエージェントと比べて母数の学生が少ないという前提があると思いますが、それでも9割以上の学生が内定取得まで進んでいることを考えると、手厚いサポートがあることが想像されます。

デメリットとしては、現時点では東京でしかサービス提供を実施していないので、地方の方はサービス利用ができません。

  • 東京在住
  • 学歴に自信がない
  • 就活が思うようにうまくいっていない

この条件に当てはまるなら、JobSpringは最適な就活エージェントと言えます。

大手企業中心・マイナビ新卒紹介

契約企業数 2160(推測)
登録学生数 42万人
内定者数 ?
内定獲得学生率

大手マイナビの就活エージェント。企業数の多さが強みです。
一方で知名度の高さから多くの学生も利用します。

登録学生の内訳を見てみると、採用者目線で学歴の区切りになる関関同立レベル以上の学生が約20%です。

就活エージェントの相性決めの要素3で説明したように、登録学生が多いと、学歴が低い方はキャリアコンサルタントが塩対応に成る可能性がありますので注意しましょう。

関関同立以上の学歴の学生におすすめ。

 

大手企業中心・リクナビ就職エージェント

契約企業数 3800
登録学生数 (推測)400000
内定者数 ?
内定獲得学生率 ?

同じく大手のリクナビ就職エージェント。
マイナビ同様、多くの企業・学生が利用しているサービスです。

リクナビ就職エージェントを利用する企業の内訳をみると、

  • 機械/電気:24%
  • 化学:23%
  • サービス:19%
  • 金融/不動産:12%

企業規模でいうと、社員数100人を超える大手企業が60%と、どちらかというとレガシーな大手企業がリクナビ就職エージェントを利用している印象が見受けられます。

こちらも利用している学生の数が多い分、学歴に自信のない人は向かない可能性があります。

関関同立以上の学校に行っていて、志望業界が上記に当てはまる場合は相性がいいかもしれません。

DODA新卒エージェント

契約企業数 4000
登録学生数 80000
内定者数 1700
内定獲得学生率 2.10%

内定取得者率をみるとかなり低い印象のDODA新卒エージェント。
何が理由で内定者数が伸びないんでしょうね。

企業と学生のマッチング精度が低いのか、そもそもいい学生が登録していないのか、いい企業が利用していないのか。

数字だけみるとちょっと不安が残りますね。。
ちなみに、サービスページに利用満足度とありますが、これは内定を獲得した学生に対する満足度の結果ですので、8万人が登録している中で内定をとった1700人のうち、97%が満足いく結果になったと言うことです。

キャリアコンサルタントに目をかけてもらえれば、かなり手厚いサポートをしてもらえるということなんですかね。

高学歴の学生にはアリな就活エージェントです。

 

まとめ

就活エージェントとの相性は3つの要素で決まる。

  • 就活エージェントの得意業界・会社規模
  • 自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル
  • 就活エージェントにとっての「あなた」の重要度

就活エージェントを利用して内定取れる学生は5〜10%と意外と低く、最も大きな要因は上記の要素3「あなたがエージェントにとって良い商品かどうか」。

学歴、実績に自信がない学生は、大手就活エージェントだけでなくベンチャー系の就活エージェントを利用すると◯。

就活エージェントは一つだけでなく、同時に複数登録して相性を見えるのが◯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です