就活に苦戦中の学生におすすめな新卒就活エージェント。君はちゃんと就活サポートされてる?

  • 就活エージェントはどうやって選べばいい?
  • 就活に苦戦してる自分におすすめの就活エージェントはどこ?

こんな疑問に答える。

この記事でわかる事
  • 就活エージェントの選び方
  • おすすめの就活エージェント

満足いくサポートをしてもらえる就活エージェントの選び方

まずは、たくさんある就活エージェントからどのサービスを利用するのが良いかについて解説する。

良い就活エージェントかどうかは3つの要素で決まる。

 

  1. 就活エージェントの得意業界・会社規模
  2. 就活エージェントのサポートの手厚さ
  3. 自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル
  4. 就活エージェントにとっての「あなた」の価値

就活エージェントの得意業界・会社規模

一口に就活エージェントと言っても、エージェントごとに紹介できる企業の業界・規模に得意不得意がある。
大手とのつながりが多い就活エージェントもあれば、ベンチャー企業が得意な就活エージェントもある。

自分が希望する業界・会社規模があるなら、その業界・会社規模に強い就活エージェントを使ったほうが自分の期待に合う会社を紹介してもらえます。

ツイッターや就活掲示板で自分が望む企業イメージと合わない会社ばかり紹介されるというのは、そのエージェントが抱えている企業(クライアント)にあなたの望む企業がないためにミスマッチが起こっていると考えられます。

各エージェントがどの業界・会社規模を得意とするかは次章で紹介します。

就活エージェントのサポートの手厚さ

就活で苦戦している学生は特にここがポイント。

就活エージェントを使う目的は2つに分けられる。

  1. 自分に合いそうな会社の紹介
  2. 就活のサポート(ES書き方、自己分析、面接対策など)

このうち、就活で苦戦してる人に必要なのは②就活のサポートだ。

就活サポートとは具体的には自己分析支援、面接対策、ES対策、グルディス対策をしてくれる。

君がもし面接で苦戦しているなら、以下二つの可能性を疑って欲しい。

  • 自己分析が甘い
  • 面接官が学生を評価するために欲しい情報を提供できていない

就活がうまくいかない学生は共通してこの二つの状態になっていることが多いからだ。

自分を他の学生と比較して、自己分析・面接対策ができてるorできてないを客観視できる人はいいが、そうでない人は就活のプロに見てもらった方が改善が手っ取り早い。これは間違いない。

面接がうまくいかない学生の特徴についてはこちらの記事で詳しくはこちらの記事で解説してる。

新卒面接官の本音。選考落とす学生に共通する欠点5つ

2020.03.17

新卒面接がうまくいかない学生はコンピテンシーを理解しろ!

2020.03.01

すでに就活エージェントを使っているのに、就活サポートしてもらえていない人は就活対策用のエージェントを利用すると良いだろう。
エージェントによって就活サポートの手厚さに差があるからだ。

また、マイナビ・リクナビだけ使って就活サポートを受けずに苦戦してる子も、一つ登録しておいて損はない。

いくつもエージェントがある中で、以下二つのエージェントは就活サポートに力を入れていることで有名なエージェントなので就活苦戦している学生には活用をおすすめする。

自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル

エージェント比較より実はもっと大事なポイントは自分の担当につくキャリアコンサルタントのレベルだ。

口コミ評価の高い就活エージェントに申し込んでも、担当のキャリアコンサルタントがボンクラだと就活サポートも紹介される会社もダメになる。
結局は会社対個人ではなく、個人対個人の相性なのだ。

僕は就活時代5つの就活エージェントに登録したけど、そのうち3つはまともに面接対策をしてくれず、紹介してくる会社もこっちの要望に合ってない、なんなら紹介する会社のこともキャリアアドバイザーがよくわかってないという適当な仕事をしていたのですぐに使わなくなった。

今思うとエージェントに問題が合ったのではなく、担当についたキャリアアドバイザーがイケてなかったんだと思う。

担当になるキャリアコンサルタントのレベルは運としか言いようがないので、エージェントは複数登録したほうがいい。
限られた就活期間をイケてないキャリアコンサルタントに浪費しないためにも複数の就活エージェントに登録することをおすすめする。

就活エージェントにとっての「あなた」の重要度

就活エージェントに登録すればキャリアコンサルタントがあなたを内定が取れるまで徹底的にサポートしてくれる。

なんてのはぶっちゃけ幻想。

就活エージェントのキャリアコンサルタントは何人の学生に内定を取らせたかをミッションにしている。
そうなると、普通キャリアコンサルタントはこういう考え方をする。

  • 優秀ですぐに内定取れそうな学生は他のエージェントで内定出る前に内定取らせよう
  • 優秀な学生には、ダメなキャリアコンサルタントと思われないように手厚いサポートをしよう
  • すぐに内定が取れなさそうな学生は内定取るまでに時間かかるから、忙しいときはサポート後回し

キャリアコンサルタントは常に複数の学生の面倒を見ている。
自分が担当してる学生を先ほどの3つの項目で優先順位をつけサポートの度合いに濃淡をつけている。

 

その中にいろんな企業から引く手数多の優秀な学生がいれば、キャリアコンサルタントは当然彼らを手厚くサポートする。
逆に内定が出ずらいと思われた学生はどんどん塩対応になっていく。
これが現実。

就活エージェントに登録している他の学生が自分より優秀な学生ばかりの場合、相対的に手厚いサポートを受けずらくなるので注意が必要だ。

では、学歴に自信のない学生はどうすればいいのか。
戦略は二つある。

  • 最近サービス開始したベンチャー系の就活エージェントを活用する
  • 就活サポートに強みを持つ就活エージェントを活用する

ベンチャー系の就活エージェントはそもそも学生の母数が大手に比べ少ないので一人一人の学生を「数少ない貴重な商品」として手厚くサポートしてくれる。

Job Springは2014年設立した若い就活エージェント会社。
内定率も91.7%とものすごく高い成績を出している就活エージェント。

もしあなたが学歴に自信を持てていないのであれば、みんな知ってる有名な就活エージェントではなく、ニッチなベンチャー系の就活エージェントを利用する方が賢い。

就活に苦戦してる学生におすすめの就活エージェント

就活エージェントは先述したとおり、

  1. 就活エージェントの得意業界・会社規模
  2. 就活エージェントのサポートの手厚さ
  3. 自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル
  4. 就活エージェントにとっての「あなた」の価値

の4つで相性が決まる。

優秀な学生はどのエージェントを使ってもいいサポートを受けられるので、ポイントは自分の紹介してほしい業界・会社を取り扱っているかどうかだけを見ればいい。

一方、自分が優秀だと自信が持てない人は2つ目の「就活エージェントのサポートの手厚さ」を重要視したほうがいいだろう。

採用担当者としてこれまでたくさんの学生に会い就活エージェントの評判を聞いてきたが、就活で苦戦してる学生におすすめなのはこちらの2つ。

やみくも就活の撲滅を目指すキャリアチケット

キャリアチケット公式サイト:https://careerticket.jp/

【評価ポイント】

  • 自己分析のカウンセリングがある
  • キャリアカウンセリングのプロが面接対策
  • 面接対策のセミナーが充実。内容も良さそう
  • 利用者の声など積極的な情報発信good
  • キャリアカウンセラー自信も積極的に情報発信
注意点

カウンセリング場所は関東・関西エリアのみ。(渋谷、秋葉原、池袋、大阪、横浜)
遠方の人はオンライン面談になる。

 

自身の市場価値を高める企業への就職支援:JobSpring

JobSpring公式サイト:https://jobspring.jp/

【評価ポイント】

  • ESの書き方から実際の面接対策までサポート
  • 企業とのマッチング度を重視。内定後のミスマッチがない
注意点

カウンセリング場所は東京のみ。(神保町)
紹介される企業は関東の企業が中心。
遠方の人はオンライン面談になる。

 

 

まとめ

就活エージェントとの相性は4つの要素で決まる。

  1. 就活エージェントの得意業界・会社規模
  2. 就活エージェントのサポートの手厚さ
  3. 自分の担当になったキャリアコンサルタントのレベル
  4. 就活エージェントにとっての「あなた」の価値

学歴、就活に自信がない学生は、大手就活エージェントでなくベンチャー系の就活エージェントを利用すると◯

就活エージェントは一つだけでなく、同時に複数登録してキャリアアドバイザーとの相性を見るのが◯

この子就活うまくいかないなと採用面接で感じる学生の3つのパターン

2020.02.29

就活に自信がない学生はこうしろ!を超具体的に採用担当4年目が解説

2019.09.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です